timeline
counter
counter
pr

Discussant同士の交流の促進する

競技Discussion界(以下Dis界)には、全国各地に団体があり、それぞれで日々腕を磨いていることと思われます。
そんな中で、大会や練習会でたくさんの人と顔は合わせるものの、それ以上の交流があまりないのではないでしょうか。
せっかくたくさんの人とDiscussionという一つのことをするのだから、大学内や一部の友人のみという関係で終わってしまうのはとてももったいないことです。
また、Discussionを通じて人と出会う、友人を作るということは、競技Discussionに取り組むための大きなモチベーションの一つと言えるでしょう。
遠方からはるばる時間をかけて参加されている方や、競技Discussionが余り盛んでない団体内におられる方から、積極的に熱意を持って大会などに参加されている方、Discussionが好きだけど苦手だ、という方まで、様々な人に交流する機会を作ることが出来れば良いと思っています。

また、Discussant同士の交流というのは、現役プレイヤーのみの話ではありません。
Dis界ではどうしても、現役を引退するとDiscussionと疎遠になってしまう傾向があります。
皆さんが数年間を費やしてきたDiscussionの知識や技術、またその楽しさを、語る場、伝える場がなくなってしまうのはとても残念なことだと思っています。
そのため是非とも、OB/OGの方にも、現役時代の友人との交流や、現役のプレイヤー達との交流・情報交換のため利用していただきたいと思います。

競技Discussionを記録として残す

皆さんご存知のとおり、Dis界には成績として記録がつく大会が3種類あります。
春セミと呼ばれるSpring Seminar、ケッサキャンと呼ばれるKESSA Camp、そしてアッセンブリーと呼ばれる、All Japan Students' Assembly。どれも、現役プレイヤーの今までの努力や才能が試される大きな舞台となります。
今までは、そのような大きな大会の結果がデータや資料として残っていませんでした。
たくさんの人の時間をかけた努力が、その場で終わってしまい伝わっていかないのはとても残念な事です。
そのためDISCUSSANT Styleでは、大会運営団体と協力し、大会での記録を残していきます。
また、大会の成績に限らず、大会/練習会の情報から、Dis界でのニュース、セオリーやレクチャー、エビデンス等の資料なども残していきますので、ご利用ください。

まとまった情報を得られる場を作る

経験のある方もいると思いますが、競技Discussionに関する情報をネットで調べても、あまりまとまった情報は出てきません。
記録や資料はもちろんのこと、団体や大会・タイトル等の情報も見つかりにくく、あったとしても分散していて情報が得づらくなっています。
そのような事態を防ぐために、情報ポータルサイトとして各公式団体へのリンクのみならず、積極的に情報をまとめ、発信していきます。